上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
世界中で最も有名なペルーの民謡の一つといえる
オペレッタ「El Cóndor Pasa」の一曲としてアンデスの民族音楽を基にして1913年に作曲された
原曲に歌詞はなくメロディーのみ
それにポール・サイモンが英語の歌詞をつけて
1970年にアルバム「Bridge Over Troubled Water」に収録、世界的大ヒットとなった

ちょっと不可解な内容の歌詞だが
この歌詞はソビエト(現ロシア)に対する消極的抵抗を表しているという説がある

スズメは自由ですばやく好きなところへ行ける
一方カタツムリはなかなか前へ進むことが出来ない

ハンマーは力の象徴
クギはハンマーによって一箇所に打ち付けられ動くことが出来ない
もし引き抜かれても 
それはもうもとの形をとどめてはいない

そうしてその次の節は
共産主義の抑圧、自由を失うことの悲しみ・嘆きを訴えている

森では木々は自由に枝を伸ばし高く育ってゆく
しかし 町の通りは整然と整えられ、固く舗装され踏みつけられる

大地を自分の足で感じる・・・これは自由であることの象徴的な言葉

この説が正しいのか間違っているのかは分らないが
十分に納得のゆく説明だと思う

最後に紹介したのはフェルナンド・リマの歌う「コンドルは飛んでゆく」
こちらの詞について何時、誰によって書かれたか分らないが
「コンドルは飛んでゆく」というタイトルにはこちらの方がピッタリの内容だと思う

*********************************

カタツムリよりスズメになりたい
そうスズメにね
なれるものならね
きっとなれるさ

クギよりもハンマーになりたい
そうハンマーにね
もしなれさえしたら
きっとなれるさ

遠く 飛び去ってしまいたい
ここにいた白鳥が行ってしまったように
大地に縛り付けられた人は
この世に
悲しみの声を響かせる
一番悲しい声を

町の通りになるのなら森になりたい
そう森にね
もしなれさえしたら
きっとなれるさ

この足で大地を感じていたい
そう感じていたい
もし感じることさえできたら
きっとできるさ

***********************

I'd rather be a sparrow than a snail.
Yes I would.
If I could,
I surely would.

I'd rather be a hammer than a nail.
Yes I would.
If I only could,
I surely would.

Away, I'd rather sail away
Like a swan that's here and gone
A man gets tied to the ground,
he gives the earth
its saddest sound,
its saddest sound.

I'd rather be a forest than a street.
Yes I would.
If I only could,
I surely would.

I'd rather feel the earth beneath my feet,
Yes I would.
If I only could,
I surely would.

*******************

「コンドルは飛んでゆく」 byフェルナンド・リマ

アンデスに住むコンドルは目を覚ました
喜びに満ちた夜明けの光とともに
翼をゆっくりと広げて
青い水をたたえた川に舞い降りて水を飲む

彼の後ろに広がる大地には
緑が広がり 愛と平和が満ちている
彼の後ろに広がる草原には花が咲き
太陽の恵みを受けた麦畑はいっせいに芽吹く

僕の上を飛んでゆくコンドルは言った
ついておいで 空高く昇ると見えるものがある
そこで僕はコンドルの背につかまり
もっともっと空高く飛んでいった

大地を見下ろすと
そこには僕が見た世界とは違う世界がある
国境なんて目に入らない
広い世界
見えたのはただそれだけ

コンドルは舞い下りた
よろこびに満ちた夜明けのアンデスに
彼が繰り返し歌うのが聞こえる
全ての兄弟達は平等に生まれついていると

彼の後ろに広がる大地には
緑が広がり 愛と平和が満ちている
彼の後ろに広がる草原には花が咲き
太陽の恵みを受けた麦畑はいっせいに芽吹く


サイモンとガーファンクルバージョンはこちらから

カウンターテナーのフェルナンド・リマの透き通った歌声はこちら
スポンサーサイト

08/19|D E Fコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。