上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
"枯葉"いわずと知れた有名なあの歌
1945年バレエ映画のために作曲され
翌年詩人のジャック・プレヴェールが歌詞をつけ
映画「夜の門」の中でイヴ・モンタンが歌った

1950年に英訳され 1956年にはアメリカでも映画で使われた
"The falling leaves drift by the window"という
英訳された詩があまりに有名で
これが本来の歌詞だと思っていた

ところが本来のフランス語バージョンにはヴァースが付いていて
イヴ・モンタンが語るこの部分が素晴らしい
歌詞もフランス語バージョンの方が余韻があり
私は好きだ


*****************************************


[枯葉 英語バージョン]

紅や黄金の
秋彩に染まった落ち葉が
窓辺を舞い降りる

夏にキスをかわしたあなたの唇を
思い浮かべ
いつも握り合った日焼けした手を
思い出す

あなたが去ってから
長い一日をむなしく過ごし
やがて 昔聞いた
冬の歌が流れてくる

でも あなたを一番恋しく思うのは
愛する人よ
それは枯葉が散り始める頃


リチャード・クレイダーマンのピアノ演奏
フランク・シナトラの歌でどうぞ




******************************************


[枯葉 フランス語バージョン]

思い出してほしい
僕たちが愛し合い、幸せだった頃を
あの頃 人生は今よりずっと美しく
そして 太陽は光り輝いていた

箒の周りを枯葉が舞う季節になっても
ほら 忘れてはいないさ

枯葉が舞い集まり
思い出や後悔も集まってくる
やがて 北風がすべてを
冷たい夜の闇の中に運び去る

僕に歌ってくれたあの歌…
あの歌は、僕たちのことを歌っているようだ
君は僕を愛して、僕は君を愛していた
僕達はいつも一緒だった

君は僕を愛して、僕は君を愛していた
やがて時は やさしく 静かに
恋人達に別れをもたらす
そして 砂に残った二人の足跡を
波が消し去ってゆく


イヴ・モンタンのヴァースが素敵な
フランス語ヴァージョンはこちらから
スポンサーサイト

10/24|J K Lコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。